マッチングアプリで出会いが上手く行かずに悩んでいる男性

日常にはない、多くの出会いがあることが出会い系・マッチングサイトを利用するメリットですが、純粋に出会いを目的としていない女性も残念ながら存在してしまいます。

恋愛をしたいと考えているなら、真剣に恋人が欲しいと思っている相手に出会いたいもの。

サクラや業者をはじめとする悪質会員、恋心を弄ばれてしまうだけの出会いは避けたいですよね。

そこで今回は出会い系サイト・マッチングアプリで恋人探しをするなら知っておきたい恋愛対象にならない女性の見極め方や対処方法をご紹介します。

遊びの恋愛ではなく真剣に彼女が欲しいと思っている方はぜひ参考に、恋愛対象にならない女性を回避し実りのある出会いを実現させてください。

ネット恋愛をするなら彼女候補にならない危険人物を知る

マッチングアプリにいる彼女候補にならない悪質な女性会員

出会い系・マッチングサービスを利用しても恋人候補にならない悪質な女性と出会ってしまうと時間やお金を無駄にしてしまいます。

さらには恋愛に対してポジティブな気持ちも削ぎ取られ、恋人探しを諦めようと考えてしまうことも。

恋愛対象として相応しくない女性会員とはどのような人物がいるのでしょうか。

サクラ

サイトが雇ったサイトの利益になるように行動する偽会員。

返信を催促したり入金を促す、いつまでも会えないままサイト利用を続けさせることを目的としています。

業者

他の悪質サイトへの誘導を目的に登録している会員。

援デリ(売春を斡旋する行為)や高額出会い系サイトの業者。

パパ活女子

金銭援助を受けることで食事やデートをするパパを求め登録している会員。

金銭援助を目的としているため、恋人を求めているわけではなく真剣な恋愛関係にはなれない。

既に恋人がいる・既婚者などヤリモク

誠実なお付き合いを目的とせず、浮気・不倫など都合のいい関係の相手を求め登録している会員。

実際に会えますが思っているようなお付き合いにはならないため未来のない不毛な恋愛になってしまいます。

キャッシュバッカー

メールの送受信や画像や動画の投稿などででポイントを稼ぎ、現金や電子マネーと交換できるキャッシュバックを目的としている会員。

会社に雇われているわけではない本物の会員ですが、基本的に会うことを目的としていないため熱心にメッセージ交換をしてもムダになってしまいます。

出会い系サイト・マッチングアプリに潜む危険人物を回避する

マッチングアプリを使って危険人物を回避し彼女探しをする男性

様々な目的で悪質な会員は潜んでいるものですが、見極めることは不可能ではありません。

慣れは必用かもしれませんが意識をしていれば出会う前、さらにはプロフィールを見るだけで判断ができるようなります。

悪質な会員はそれぞれの特徴が多くみられるほど可能性が高くなるので、見極め回避する参考にしてください。

サクラを見極める方法

出会い系・マッチングサービスでは基本的に女性は完全無料、男性のみ利用料金がかかる場合がほとんど。

そのためサクラは女性会員に成りすまし男性会員へアプローチし、返信や入金を催促します。

引用:Twitter

プロフィールから見分ける

  • 普通に可愛い・美人な女性なのに彼氏が長くいない
  • 保育士・看護師など彼女にしたい上位の職業が多い
  • 恋愛に奥手だけど積極的に恋人が欲しい
  • あまりお金に困っている様子がない
  • 多くの男性の好みに合う内容でマニアックなスペックが少ない(ロリータがいないなど)
  • 恋愛経験が少ない傾向
  • プロフに3サイズが書かれている

など、基本的に魅力的なスペックと写真が掲載されていたら警戒しましょう。

どうしてこんな人が出会いに困っているのかと感じるような会員は要注意。

特徴的な行動

  • メッセージが積極的に届く
  • 返事をしていなくても次々連絡が届く
  • 返事がないと嫌われちゃったのかなと悲しそうにしている姿を見せてくる
  • 基本的に忙しくないからメールはいつでもできるけど、忙しくて会えないという矛盾がある
  • ポイントが切れそうになると積極的なお誘いがある
  • 連絡先の交換をしてくれない
  • 待ち合わせをしても延期またはスルーされ、いつまでたっても会えない

撃退方法

  • 基本的にサイトに登録をした瞬間に届く「あなたのことが気になりました」という早すぎる女性からのメッセージには警戒
  • 自身のプロフィールが未完成、写真の掲載がないのに積極的に誘ってくる女性には注意しましょう
あやしいなと思ったら
  • 連絡先の交換を要求する

サイト外でのやり取りはサイトの利益にならないため頑なに拒否してきます。

うまい理由をつけて断ってきますが、会うことを目的として出会っているのに、進展がないのは不自然です。

言い争いになってしまってもポイントをムダに消費してしまうだけ、サクラの思うつぼなので切り上げること。

いつまでたっても『連絡先の交換』や『待ち合わせができない』サイト外での交流が不可能な場合はサクラと判断していいでしょう

業者を見極める方法

悪質な出会い系サイトや援デリ(売春を斡旋する行為)への誘導を目的としているため、女性会員になりすまし男性会員へアプローチをします。

引用:Twitter

プロフィールから見分ける

  • 不特定多数が目にするプロフィール写真であっても隠さず露出の多いものなど卑猥
  • プリクラで目が大きくなったような写真は使わずに実際に可愛い・美人の写真を使っている
  • 大人の関係に興味があるなど内容がアダルト
  • 基本的に小躍りしたくなるようないやらしい女性には注意

特徴的な行動

  • 誘っていないのに積極的なアダルトな内容のアプローチがある
  • URLを送って別のサイトへの誘導がある
  • すぐにLINEやカカオの交換をしたがる

撃退方法

  • いやらしい煽りにひっかからないこと
  • 連絡先を交換しても、結局別サイトへ誘導されるだけなので期待をしない
  • 援デリ業者は売春を目的としているので会うことはできるがお金を請求されるので会わないこと
  • 別サイトへの誘導に応じないこと

基本的な優良サイトでは売春を匂わす発言はサイト内で禁止されているため、誘導を催促してきます。

サイト内の会話では進展がなく、なにがなんでも別サイトへの誘導をしてくるようであれば業者です

番外編:ビジネス勧誘

引用:Twitter

業者の中には儲かる話、成功するビジネスのノウハウ教えます、マルチ商法などの勧誘もあるので気をつけましょう。

プロフィールの特徴

  • キラキラ意識高い系
  • 夢を目指しています
  • 〇〇に成功しました
  • 人とのつながりを増やしやい
  • 人脈を大切にしています
  • 出会いに感謝
  • 今を大事に生きる
  • お金持ちアピール

など、プロフィールに書かれている文章から明らかに恋人を探している様子ではないので見分けるのは簡単です。

パパ活女子を見極める方法

パパ活女子は基本的にパパを望んでいない男性との出会いを回避するため、プロフィールにパパ活目的だと公表していたり自己申告があるのでわかりやすい。

年上の男性を狙って若い女性がアプローチをしています。

引用:Twitter

プロフィールから見分ける

金銭譲渡のある出会いを禁止しているサイトは多く、パパ活は基本的にサイト内では隠語を使って相手を募集しています。

  • パパ活をしていることを表す表現

「P(パパ)」「P活(パパ活)」「PJ(パパ活女子)」「優しいP探してます」

  • お金を希望していることを表す表現

「お小遣い」「交通費」「希望あり」「お気遣い」「心遣い」「お手当」「月極め」「助けてくれる人」「EN」「U吉(諭吉1万円)」「WU吉(諭吉・ダブル諭吉2万円)」

  • 「お酒が大好きなので是非ご一緒させてください」など、相手が決まる前から会う前提のプロフィール
  • 「体の関係はナシだけどふたりで楽しいことしたいです」など、食事やショッピングだけならOKという内容
  • 「録画」「録音」「お触り」「暴力」「個室」「カラオケ」「車」など、お断り・禁止事項が書かれている

特徴的な行動

  • 会話の内容が、自分の希望をしている相手を探しているというより、相手(パパ)に気に入ってもらいたいという姿勢
  • 目的は「お小遣い」なので自分の好みだけで相手を選り好みせずに『本当にお小遣いがもらえるかどうか』『相手が太っ腹なのかケチなのか』ということに重点が置かれている
  • 最終的に会う前には「1時間いくら」「交通費」「食事のみ(要件)」「禁止事項」など、約束事の確認がある

撃退方法

  • 「お小遣いなし」とはっきり言う

お小遣いがないとわかればパパ活女子は自分から去っていくでしょう。

会っているうちに仲良くなったと感じても、「お金なしで会ってくれるかもしれない」「もしかしたら恋人同士になれるかもしれない」と期待をしないこと。

パパ活女子はそもそも食事やプレゼントではなくお小遣いが目的なので、お小遣いなしでなんとか会おうと考えないこと。

既に恋人がいる・既婚者などヤリモクを見極める方法

一度きりの関係や暇つぶしで相手を求め、お金や勧誘など別の目的があるわけではないので見分けにくく要注意。

ヤリモクとは思わせず、恋人として関係が進展するかのように近づき目的達成後はフェードアウト、気付いたら毎回食事だけおごらされている、セフレ状態になっていたということも。

引用:Twitter

プロフィールから見分ける

  • 写真が顔や身体の一部だけ
  • 公にできる関係にはなれないので身バレをしないように詳しいことがあまり書かれていない
  • 「いちゃいちゃしたい」「職場に女性しかいなくて寂しい」「旦那が相手をしてくれない」「一人暮らしで寂しい」「女子校出身で男性経験が無い」「大人な付き合い希望」など、ひと肌恋しい系の内容

特徴的な行動

  • 「カフェ → 御飯 → デート」など普通に交際が始まりそうな流れで関係が始まったとしても、他に魅力的な男性が現れると音信不通になる
  • ヤリモクなので相手の内面よりも外見の方が重要で写真の要求をされる
  • カラオケやドライブなど密室デートの提案にもすぐに応じる
  • 恋人がいる、既婚者などの場合は「土日や連休、クリスマス、誕生日などのイベントに会えず連絡もつかない」など、不自然な行動がある
  • 待ち合わせの時間が夜遅い、飲みに行くことに拘っている
  • 基本的に誠実にお付き合いをする気がないので「どんな仕事をしている」「職場はどこ」「自宅はどのあたり」など身バレを警戒し正体を明かさず、「理想的な付き合い方」などふたりの将来に関する話題がない

撃退方法

  • 初めて会う時はランチ
  • カラオケ・ドライブなど、密室には行かない
  • 会う時は日曜を打診する

など、相手の都合に合わせないことで思うようにいかない、面倒な相手だとわかればしびれを切らせて自分から去っていきます。

即会いたい打診

基本的に「マッチングありがとうございます!よかったらご飯行きませんか?」のように即会うことを誘ってきます。

知り合った当日などいきなり会う話になった場合には「まだお互いのことよくわからないので、もう少しメールでお話ししてから会いたい」と一度断ってみましょう。

「でも会ってみないとわからない」とメッセージ交換を渋ったら注意

連絡先交換

すぐ会えないからの「じゃあ連絡先交換しませんか」も要注意。

LINEなどの方が返信も早くなり、結果デートにも早くこぎつけられるというメリットが発生します。

「もうサイトやめるから」「いろんな男性に言い寄られていて困っている」「電話で話してみたかった」などの言い訳には警戒しましょう

「連絡先交換は会ってからにしたい」と伝えること。

誠実に恋人を探している相手であれば、もう少し話てみましょうと言ってくれるはず。

こちらの要望を無視

「夜じゃなくて昼間に会いたい」 → 「おいしいディナーのお店があるから行きたい」

「お酒は飲めないからノンアルで」 → 「すごく飲みやすいお酒だから大丈夫だよ」

など、こちらの意見は無視、どうしても自分の都合で話を進めようとする場合はヤリモク、食事をご馳走してもらいたいのだと判断しましょう。

基本的に相手の要望を簡単に受け入れないこと

「真剣に恋人をさがしています」「ヤリモクお断り」など自身のプロフィールに書きこんでもヤリモク防止にはなりません。

相手が警戒していることがわかるので、より注意深く接近してくるので見分けが付きにくくなります。

「結婚願望がある」「いつも付合うまでが長い」「かなり慎重になる」など、目的を達成するまでに手間がかかりそうだと匂わすことでヤリモクからは嫌煙されます。

キャッシュバッカーを見極める方法

キャッシュバック制度とは女性会員を増やしサイトの活性化を目的として導入されているもの。

ですが、キャッシュバッカーはキャッシュバックのポイント稼ぎが目的となっているため男性にとってはサクラと同じような存在です。

引用:Twitter

プロフィールから見分ける

  • 沢山のメッセージをさばきたいため、利用端末がスマホではなくPC(利用端末が確認できる場合)
  • 「家で一緒にまったりしたい」「手をつなぐのが好き」「ひとりで寝るのが寂しい」などアダルトな内容を連想させる書き込み
  • 「のんびりした性格」「落ち着きある人が好き」「せっかちさんはNG」など早々に会う話や連絡先の交換を回避するための布石になるような書き込み
  • 「はじめまして!カフェでバイトしてる学生です。仲良くしてください(^o^)/」など極端に短い、相手に自分を知ってもらう気のないプロフィール

基本的に一般の女性のためプロフィールから見分けることが難しいので、やり取りの中に不審な行動がないか注意し見極めましょう。

特徴的な行動

  • 短文メールで頻繁にやり取りをする
  • 質問してもはぐらかしたり素直に答えない
  • 出会うための建設的な会話がない
  • 喧嘩になると相手を怒らせて返信を煽ろうとする
  • 男性が反応しそうなセクシーな写真やアダルトな内容投稿をしている
  • どうでもいい内容にも必ず返事が来る
  • 連絡先の交換を頑なに拒否する
  • 会話が止まってしまわないように積極的に話題を振り質問を繰り返す
  • 待ち合わせの日程が決まっても延期され続ける

撃退方法

  • プロフィールを変えて同じような内容で何度も誘ってくる場合があるので見覚えのあるメッセージや投稿内容には警戒
  • 同時に何人もの相手とやり取りをしている可能性が高いので「この前言った〇〇覚えてる?」など自分との会話を覚えているか確認してみる
  • 登録している地域に住んでいないこともあるので地域ネタの会話を振ってみる

など返事に手間のかかるようなメッセージは好ましくないため、質問に無視をするなど不自然な行動があればキャッシュバッカーだと思っていいでしょう

どうでもいい世間話から抜け出せない、思うように会話が進まないと感じる場合には切り上げること。

恋人探しに向いている出会い系サイト・マッチングアプリを選ぶ

恋人探しに向いているマッチングアプリを選んで利用する男性

恋愛対象にならない会員との出会いを防ぐには自身で見極めることが重要ですが、不正会員を厳しく取り締まっているサイトを利用することでより出会ってしまう可能性は低くなります。

利用規約や禁止事項などをしっかり確認する

引用:Twitter

  • 『第三者に成りすまして利用する』『売買春を目的として利用する』などの行為が禁止事項とされている→【サクラ、業者、パパ活女子ががいない】
  • 公序良俗に反するものや、卑猥、性的な表現が制限され削除対象になっている→【業者が活動しにくい】
  • 既婚者の利用ができない→【ヤリモクやパパ活防止になる】
  • キャッシュバック制度がないまたは現金に還元できない、還元率が低い→【キャッシュバッカーが少ない】
  • 年齢認証など本人確認をしている
  • 24時間体制で悪質会員を監視している

など、恋人候補にならない不正会員が活動しにくい環境では恋人候補になりそうな女性と出会える確率が高く、男性会員にとっては利用しやすい環境になります。

恋人探しに不向きな出会い系サイト・マッチングアプリを避ける

恋人探しに不向きなマッチングアプリを利用しないように吟味している男性

取り締まりがゆるいサイトは当然不正会員が多く利用しているため、理想的な出会いは困難になってしまいます。

ですが実際に会える会員もいるので、見極めに自信のあるベテランの方は挑戦してもいいかもしれません。

利用する前に口コミ評価などもチェックする

引用:Twitter

  • サクラと思われる会員の目撃情報があった
  • 「業者が多い」「悪質なサイト」などの口コミが目立つ
  • パパ活が禁止されていない
  • キャッシュバッカーを推奨している、現金に還元できる
  • 外見重視やゲーム感覚で気軽な出会いを売りにしている
  • 登録が簡単、何度も多重登録できる

などのサービスでは悪質な会員を厳しく取り締まっていない、健全ではない出会いが蔓延していると思われるため注意しましょう。

まとめ

マッチングアプリを使って彼女ができた幸せそうな男性の住む部屋

ネットには沢山の出会いがあり、恋人ができる可能性も高くなります。

ですが不純な動機で出会いを求めている人がいることも確かです。

恋愛をするなら失敗したくない傷つきたくないと誰もが思うこと。

実のある出会いをしたい、恋人が欲しい、恋愛がしたい方は恋愛対象にならない女性の見極め方をぜひ参考にしてください。

マッチングアプリで会えない人のデーティングサービス

会いたい人が見つかるデーティングサービス aocca(アオッカ)aocca(アオッカ)にカンタン無料登録