出会い系業界のなかでは中堅クラスのサイトとなる 「ラブサーチ」

2018年現在、17年の運営実績を誇り累計会員数は160万人以上のラブサーチですが、口コミによる評価や評判は賛否両論です。

そこで、利用する出会い系サイトの候補としてラブサーチを挙げている男女のために、ネット上に書き込まれた口コミや評判を徹底的にチェックをし、実際に登録をして潜入リサーチをおこないました。

■ ラブサーチってどんな出会い系サイト?

ラブサーチは各社出会い系サイトのアプリ版のような、極力ムダを省いたサイト構成になっておりシンプルで、まずまずの使いやすさ。

そして、ラブサーチは、以下のような特徴が見られる出会い系サイトです。

  • 既婚者が多い
  • 年齢層が高い
  • 過疎化の傾向
  • アプリがない

ラブサーチの真相究明をするために、各項目について掘り下げてみました。

既婚者が多い

ラブサーチに登録して、すぐに感じられたのが登録会員の既婚率の高さ。

ネット上の口コミからも、既婚者の多さに関する書き込みを数多く見掛けられます。


出典:Yahoo! 知恵袋

出典:Twitter

また、ラブサーチではSNSらしくコミュニティコンテンツが用意されており、その中の 「既婚者だって恋がしたい」 が人気コミュニティになっているのは、それだけ既婚者が多い証拠だといえるのではないでしょうか。

年齢層が高い

ラブサーチの公式HPで公表されているデータによると 「20代の会員がもっとも多い」 ようです。


出典:ラブサーチ公式HP

しかし、実際に利用してみた印象では 「30~40代がもっともアクティブに利用」 しているのが現状で、同じようなイメージを抱く人も少なくありません。


出典:Yahoo! 知恵袋

出典:Twitter

結果、”不倫相手探し”のオトナ男女が多いサイト

「既婚者が多い+年齢層が高い=オトナ恋活」といった方程式で考えると、オトナ恋活とはいわゆる “不倫関係” だと受け取れます。

実際に 「ラブサーチで不倫相手を探す」 と宣言しているツイートも見掛けました。

出典:Twitter

ラブサーチ自体は不倫相手探しを推奨しているサイトではありません。

しかし 「年齢層の高い男女が集まりやすいサイト」 というのが自然な流れで、不倫関係を求める男女が多い現状を作っているのでしょう。

過疎化の傾向

ラブサーチは累計会員数160万人以上と公表をしていますが、やはり1000万人以上の累計会員数を誇る大手出会い系サイトと比較すると 「人が少なく感じる」 のは否めないです。

出典:Twitter

2年ぶりぐらいに再登録したけどマジで人減ったな

以前やってたときは俺みたいなショボ腕でも3人ほどやれたし悪くないサイトだったんだけど

最近よく名前を聞く他の出会い系サイトに流れてるのかな。

1~2週間で可能な限りメールばらまいて即退会かなあ

引用:5ちゃんねる

数多くの会員人数を抱えている大手出会い系サイトでも、人口の少ない地域での相手探しに難航する人は少なくありません。

会員数が極端に少ないというわけでもないラブサーチでも、都心部以外の地方在住者にとっては、ラブサーチでの相手探しは非常に厳しいというのは認識しておくべきでしょう。

アプリがない

ラブサーチのアプリはGooglePlay StoreやApp Storeといった、公式アプリケーションストアには存在しないです。

しかし、2018年5月現在ではラブサーチのサイト内で、Android端末のみインストールができるようになりました。

アプリ実装に向けて準備中のようですし、iOSを含め近いうちにGooglePlay StoreやApp Storeでのインストールが可能になるのかもしれません。

【要注意】同名の恋活アプリがあるが別物

GooglePlay Storeで「Love Search」と検索すると、同名の恋活アプリが出てきます。


出典:GooglePlay Store

こちらのアプリは今回お伝えしているラブサーチとは、まったく関係性のない会社が運営しているアプリですので注意してください。

■ ラブサーチにサクラや業者はいる?

サクラは0。業者もほぼいない

ラブサーチに関する口コミで “サクラや業者に関する口コミ” はまったく見掛けません。

サクラに関して、「ラブサーチは定額制サイトなので、男性にポイントを消費させ課金を促す必要がない」 というのがサクラがいない一番の理由です。

また、同じような理由で “メールレディー” もいないといえます。

利用した感触から、業者の存在も限りなくゼロに近いのではないでしょうか。

援デリ業者の遭遇は無いに等しいが”さまざまな業者”に注意

あからさまなアダルトカラーを払拭した作りのラブサーチなので、エロアピール全開でわかりやすい無認可営業の風俗となる援デリ業者がいれば非常に目立ち、運営からも即座にアカウント停止をされているはずです。

しかし、一般ユーザーを装いLINE IDなど個人情報を回収する業者や、マルチ商法やネットワークビジネスの勧誘業者。

または、高額な課金が必要となるサクラ出会い系サイトへの誘導をする業者もいるので”限りなくゼロに近いけど、こうした業者も存在する”との認識は持っておいてください。

【 業者の特徴となるポイント 】

  • 一通目、または2、3通でLINEやアドレス交換を提案してくる
  • 出会いとは関係のない儲け話をしてくる
  • 他サイトのURLを貼り付け誘導してくる

■ ラブサーチの利用料金は高い?安い?

ラブサーチは定額制サイトとなり、契約期間内であればメール送信はもちろん、各種コンテンツもオプション料金を払わずに利用できます。

そこで、ラブサーチの利用料金が高いか安いかは、他の出会い系サイト・マッチングアプリと比較するのがわかりやすいでしょう。

定額制サイトの中では平均的(女性無料)

比較するにあたり、ラブサーチの特徴のひとつである「比較的高めの年齢層の男女」も登録している出会い系サイト・マッチングアプリを選出してみました。

【 他社出会い系サイトとの料金比較表 】
ラブサーチ Omiai ユーブライド ゼクシィ縁結び マッチドットコム
1ヵ月プラン 3,980円 3,980円 3,980円 4,298円 3,980円
3ヵ月プラン 3,800円/月(一括:11,400円) 3,880円/月(一括:11,640円) 2,970円/月(一括:8,
910円)
3,888円/月(一括:11,664円) 2,793円/月(一括:8,379円)
6ヵ月プラン 3,000円/月(一括:18,000円) 3,780円/月(一括:22,680円) 2,320円/月(一括:13,920円) 3,564円/月(一括:21,384円) 2,467円/月(一括:14,802円)
女性無料の有無 無料 無料 有料 有料 有料

※ 支払方法は各社クレジットカード決済の金額を表示
※ すべて税込価格

6ヵ月プランになると他サイトと金額の差が出てきますが、比較してみるとラブサーチの利用料金は平均的です。

さらに、ラブサーチに限っては “初回から長期プランを申し込むのはリスキー” な面があります。

男性は初回に限り一ヵ月プランが妥当

なぜ、初回から長期プランを申し込むのはリスキーかというと、男性に限ってはお試し期間というものはなく 「課金をしなければ女性検索もできない」 ので、どんな女性がいるのかわからずして支払いをするかどうかの決断をしなければなりません。

こちらの画像はラブサーチの男性用新規登録フォームになり、Step2でいきなり “お支払い” の文字が飛び込んできます。

数多くの出会い系サイトがありますが、こんなにも早い段階で課金を促すサイトはラブサーチ以外、見当たりません。

会員数の少ない都心部以外に在住の場合、課金しても現実的に出会いまで考えられる近場の女性会員が少なく、会員数が少ない地域は必然的に競争率が高めになるのでメールを送っても返事がこない場合もあります。

いくら定額制だといってもメール送信できる人が少なく返事もこなければ、メール一通ごとにポイントが必要になる従量制のほうが割安です。

このように初回から長期プランを申し込んでしまうとお金を無駄にしてしまう場合も考えられるので、ラブサーチを利用するなら初回は一ヵ月プランを選択するのが妥当だといえるでしょう。

■ 特徴や口コミを踏まえラブサーチに向く男女は?

前述に挙げたラブサーチの特徴とネット上による口コミを踏まえると、以下のような人に向いている出会い系サイトだといえます。

  • 20代を対象としないアラサー以上の男女
  • 離婚経験があり落ち着いて相手を探したい男女
  • サクラや業者の心配をせずに出会い探しをしたい人
  • メールをガッツリ送信しアクティブに活動したい男性
  • 都心部に在住の男女

さらにいうと、ラブサーチはメインサイトではなくサブとして活用すべきサイトかもしれません。

30代以上でサブサイトを探している男女向き

出会いを実現させる確率を上げたいのならば、メインとして利用するサイトは1000万人以上の会員数を抱える大手出会い系サイトを利用し、ラブサーチをサブサイトに選択するのが賢明です。

ラブサーチは決して出会えない系サイトではないですが、会員数やメインユーザーの年齢層を踏まえると”メインサイトとして利用するには不安要素が多い”のも事実。

効率的に相手を見つけるためには、サイトの併用をおすすめします。

■ ラブサーチの登録方法

ラブサーチの新規登録は 「メールアドレス」 さえあればスグに登録完了できます。

※ YahooメールやGmailなどのフリーメールアドレスでも可

まず、Googleなどで 「ラブサーチ」 を検索し公式サイトに進む。

公式サイトを開いたら、男性or女性の会員登録フォームに進むボタンがあるのでどちらかをタップ。

女性は2ステップ。男性は3ステップで登録完了

ここで男性は前述のとおり「課金をしなければ、サイトの機能をひとつも使えない」ので、女性よりも登録手順がひとつ増えます。

プロフ作成 → アドレス確認までの手順は男女同じ

Step1のプロフィール作成項目から、登録したメールアドレス確認までの手順は男女ともに同じです。

【 登録時プロフィール記入項目 】

  • 似顔絵を選択
  • ニックネーム
  • 性別
  • 生年月日
  • 現住所
  • 職業
  • 利用目的
  • メールアドレス&パスワード

以上の項目を記載したら 「内容を確認する」 をタップ

登録したアドレス先のメールボックスに届いたラブサーチからのメールを開き、記載されたURLをタップ。

以上で新規会員登録は完了。

ここで女性はマイページに進み 「年齢認証」 をおこなえばメールの送受信と、ラブサーチにある各機能を利用できるようになります。

男性は支払方法を選択し入金処理が完了すれば登録完了です。

支払い方法は三種類の方法から選択。

  • クレジットカード決済
  • ビットキャッシュ
  • 銀行振込

一ヵ月プランは「クレジットカード決済」のみ

さらに一ヵ月プランを選択できるのは 「クレジットカード決済のみ」 なので要注意。

クレジットカード決済を利用できない男性は、最低でも11,400円からではないとラブサーチを使えません。

どんな女性がいるのかわからないのに一万円以上を支払うのはギャンブルでしかなく、絶世の美女が数多くいるからそうしたシステムなのではと勘繰った人は完全なる誤り。

稀に美女はいるかもしれませんが、数多くは存在しないです。

しかも蓋を開けたら “美女どころかアクティブ会員すらいない” という恐れもあるので、クレジットカード決済ができず一ヵ月プランを選択できない男性にラブサーチへの登録は推奨しません。

■ ラブサーチの退会方法

ラブサーチで知り合った相手とめでたく寿退会。

もしくは、残念ながら理想的な相手が見つからず止む無く退会という場合もあるでしょう。

その際におこなう退会手続きですが、ラブサーチでは他サイトよりも手順が多く、若干の手間が掛かります。

ラブサーチの退会は若干手間が掛かる

ラブサーチの退会完了までの手順は9つ

  1. マイページ内の右上にある「三」をタップ
  2. メニュー一覧の下部「よくあるご質問」をタップ
  3. よくあるご質問ページ内の「その他」をタップ
  4. その他の項目の「退会について」をタップ
  5. ページ内の退会手続きフォームのリンクをタップ
  6. 退会手続きフォームからアドレスを入力しメールを送信
  7. ラブサーチから送信されたメール内にあるURLをタップ
  8. 退会理由とアンケートに回答し「確認する」をタップ
  9. 「注意事項に同意する」にチェックをし「退会する」をタップ

~ 退会完了 ~

文字だけではわかりにくいので、退会手順の流れを画像で説明します。

1.マイページ内の右上にある「三」をタップ

2.メニュー一覧の下部「よくあるご質問」をタップ

3.よくあるご質問ページ内の「その他」をタップ

4.その他の項目の「退会について」をタップ

5.ページ内の退会手続きフォームのリンクをタップ

6.退会手続きフォームからアドレスを入力しメールを送信

7.ラブサーチから送信されたメール内にあるURLをタップ

8.退会理由とアンケートに回答し「確認する」をタップ

9.「注意事項に同意する」にチェックをし「退会する」をタップ

~ 退会完了 ~

 

以上で退会完了です。

■ まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラブサーチについて総括すると 「勢いや期待感について物足りなさを感じる出会い系サイト」 であるのは否めません。

ただし、女性に対してのサポートやサービスに関して充実していたり、男女ともに安全・安心に利用できる出会い系サイトではあります。

ラブサーチの文言にある“オトナ恋活”の真意を汲み取り、サブサイトとして効率的に利用すれば、十分に利用価値のある出会い系サイトだとはいえるのではないでしょうか。

マッチングアプリで会えない人のデーティングサービス

aocca(アオッカ)にカンタン無料登録

この記事で取り上げたマッチングアプリ・サイト