婚活アプリを使って婚活を始めようとしている女性

婚活アプリを利用した婚活も最近では主流になってきました。

婚活アプリを使った婚活は手軽に自分のペースで始めることができますが、思ったように上手くいかずに難航してしまっている人も多いようです。

簡単に始められることはメリットになりますが、ひとりでスタートさせる初めての婚活を成功させるには手軽ではないしっかりとした心構えが大切。

そこで今回は、婚活アプリを使った婚活を始めるための秘訣をご紹介したいと思います。

初めての婚活でも失敗せずに理想的な男性と出会うために、ぜひ参考にしてください。

婚活アプリを使った婚活とは?

引用:Twitter

婚活アプリを使った婚活の最大の特徴は,
数えきれないほどの大勢の異性と出会えるチャンスがあること。

直接会わなくても、気軽にコミュニケーションが取れるところではないでしょうか。

婚活アプリで婚活をすることの特徴を知って上手に利用しましょう。

趣味や価値観が合う相手を会う前の段階で見つけられる

引用:Twitter

婚活アプリでは基本的に相手のプロフィールやSNSの情報を見ることができます。

事前に趣味や好きなもの、職業などがわかるため、出会う前から「趣味が合いそう」「性格が合わないかも」といった大まかな判断が付きます。

またプロフィールを検索する機能があり、こだわりのポイントを限定してお相手を探すことも可能。

同じ趣向の会員が集まるコミュニティが設けられている婚活アプリもあり、趣味を通じて相手を探しやすくなっています。

全く接点のない相手との出会いもある

引用:Twitter

婚活アプリでは普段生活しているだけでは接点もなく、出会うキッカケがなかったような職業の人や年の離れた異性との出会いもあります。

共通点の見えなかった相手でも会うことなく会話ができるので、話しをしてみたら「いいかも」と感じる出会いがあるかもしれません。

日常生活で知り合える数とは比べものにならない大勢の異性と知り合うことができるため、今まで接点のなかったタイプの男性ともコミュニケーションをとることで、出会いの可能性は広がります。

同じような婚活・結婚観の相手を見つけられる

引用:Twitter

利用する婚活アプリにもよりますが、プロフィールに「一年以内に結婚したい」「今すぐ結婚はまだ考えていない」など結婚時期についての項目を設けているものもあります。

そのため出会ってみたものの、なかなか結婚の話に進まないなどの食い違いが少なくなり、お相手を選ぶ時の基準にも。

子供が欲しい、欲しくないなどの項目があるアプリもあるため出会う前、メッセージ交換を始める前にある程度相手を判断することができます。

自分のタイミングで気軽に婚活ができる

引用:Twitter

結婚相談所を利用する婚活と言えば、お金だけではなく時間もかかるため、積極的に活動したくても思うようにできない場合もあります。

ですが婚活アプリでの婚活は、自分の好きな時間に活動が可能。

毎日の通勤電車の中やちょっとした休憩時間、寝る前の時間に自分のタイミングで、お相手を検索する、メッセージの確認など。

仕事が忙しくまとまった時間の取れない人でも、婚活アプリなら自分のペースで活動ができます。

結婚したい理想の男性像は具体的になってる?

引用:Twitter

気軽に婚活が始められる婚活アプリですが、実際にアプリを使ってお相手を探す際にまず大切なことは、どんな男性と出会いたいかを具体的に決めることです。

婚活アプリには日常生活で出会う男性の数をはるかにしのぐ男性との出会いのチャンスがあるため、選び放題とも言える状況です。

そのため、理想とする相手のイメージが曖昧だと、いつまでも相手が見つからない、お付き合いを始めたら違うと感じてしまう男性と出会ってしまう可能性が高くなってしまいます

理想の男性についてリストを作る

引用:Twitter

結婚をする相手なので、誰でもいいと考えている方は少ないと思いますが、自分の好みのタイプがはっきりとわかっていないこともあります。

理想的な相手と出会うということは、大勢の婚活アプリを利用している男性の中からひとりを見つけ出すということ。

出会いたい男性のイメージが曖昧なままだと大勢の男性に目移りしてしまう原因になり、中々相手を決められなくなってしまいます

相手に望むこと嫌なことを20コずつ書きだす

『こんな男性だったらいいな』『こんな男性は嫌だな』と思うことをできるだけ具体的に書いてみましょう。

  • 顏がかっこいい
  • フィーリングが合う
  • 優しい

など、具体的ではない条件ではダメ。

  • 身長は〇〇センチ以上
  • 趣味は〇〇をしている
  • お店の店員に横柄な態度をとらない

など、できるだけ具体的に書いてみましょう。

20コあげたリストはその通りの相手を探すためではなく、細かく条件を書き出すことで自分自身どのような相手を求めているのかをはっきりさせるための作業です。

そのままリストに当てはまる人物は存在しないかもしれませんが、どのような人を探したらいいという基準になります。

ふたりのカップル像がイメージしにくいのであれば、実際にカップルになることも難しくなってしまいます。

『どんな人が自分にはいいのか』『結婚に対して自分が何を求めているのか』も同時に把握すること。

理想の相手と自分が不釣り合いになってしまうような高すぎる理想になっていないか注意

初対面は自分に合ったスタイリングができてる?

メッセージのやりとりをしている段階ではいい印象だったのに、会ってみたらお断りされてしまう事態は回避しなければ結婚にはたどり着けません。

結婚相手とは外見よりも内面の方が大切だと考える人は多いと思いますが、外面がどうでもいいと考えている人はいませんよね。

外見よりも内面が大切であっても、外見からの印象は無視できないもの。

婚活を成功させるには、理想的な相手を選ぶだけではなく自分自身も相手に選ばれるような魅力的な女性でなければいけません。

ワードローブをチェック

引用:Twitter

自己満足で終わってしまうような自己アピールにならないよう気を付け、ムリをせずに自分の魅力を引き立て活かすこと。

TPOに合せる、個性的すぎない、露出をしすぎない、下品にならないこと。

そして『女性らしさ』が感じられるコーディネートを心がけましょう。

自分に合った洋服選びのポイント

例えば、グラマラスなスタイルの女性が、可憐で華奢な女性を目指す。

ふんわりしたフリルやシフォン素材のものを選び、柔らかさを出そうと思っても、それは素材の良さを生かせない結果になってしまいます。

グラマラスなスタイルの女性であれば、キレイなラインがアピールできる服装の方が魅力を活かすことができます。

自分に合った服と自分の着たい服は違う場合があるので、スタイルを客観的に見て選んでみましょう。

1.自分のシルエットをチェック
  • 肩幅と腰幅が同等の幅・ウエストがしっかりくびれている

【例】ウエストをしぼる、首回りをストールなどで隠さないなど、立体的な服装を選ぶ。

  • 肩幅と腰幅が同程度の幅・ウエストのくびれが目立ちづらい

【例】上半身と下半身のボリュームにメリハリをつける。

  • 腰幅よりも肩幅の方が広い・ウエストのくびれが目立ちづらい

【例】ガッチリした印象になりがちなので、上半身をタイトにしない。

  • 肩幅よりも腰幅の方が広い・ウエストのくびれが目立ちづらい

【例】華奢な上半身を補うようなデザインを選ぶ。

など、自分のスタイルを把握し、全体的なバランスが良く見えるように選んでみましょう

2.色の選び方

髪や肌の色、表情が明るいかどうかなども含め暗くならないようにする。

唇や瞳の色が明るく健康的に見える色合いを選びましょう。

3.似合う素材

張りがあるしっかりした素材、柔らかい素材のものなど、同じ洋服でも質感によって印象は変わってきます。

例えば、スタイルが【肩幅と腰幅が同等の幅・ウエストがしっかりくびれている】

立体感のある服装を選びたい時には柔らかい素材のもではなく、張りがあるしっかりした素材のものを選んだ方がスタイルを活かすことができます。

メイクをチェック

引用:Twitter

自分の顏にあったメイクをするには、まず自分の顏にはどのタイプのメイクが生えるのかを知りましょう。

自分合ったメイクをするポイント

  • 【女顏・すっきり】 丸顔、卵型、パーツに丸みがある、または小ぶり

【例】アイラインの入れ具合や色選びで華やかで女性らしさをプラス。

  • 【女顏・はっきり】 丸顔、卵型、パーツが大きく、まつ毛眉毛がはっきりしている

【例】目もとは濃すぎずナチュラルに、リップを強調すればゴージャスな印象に。

  • 【男顏・すっきり】 顔の輪郭がシャープ、目の印象が涼しげ、パーツが小ぶり

【例】血色感やツヤ感を足して女性らしい柔らかさや色気を出す。

  • 【男顏・はっきり】 骨格がしっかりしている、パーツが大きくハッキリしていて華やか

【例】目もとや唇には丸さを意識すれば女性らしい柔らかい印象に。

など、顏の印象に合わせて自分に合ったメイクを探してみましょう。

【男顏・はっきり】の顏型に、顔のメリハリがつくはっきりとした濃いメイクをしてしまうとケバケバしくなってしまうなど。

もともとの素材を活かせなくなってしまうメイクもあるので注意。

流行のメイクや芸能人のメイクを参考にする場合は顔立ちの近い人をモデルにすると近い雰囲気に仕上がりやすくなります。

友達など他の人の意見を聞く

どうしても、自分だけの判断では主観的になってしまいがちな場合。

客観的に見れている自信がない、客観的には見れているけど似合っているのかがわからないなど。

友達からのアドバイスは客観的なものなので参考にしてみましょう。

魅力的なルックスをしていても、自信がないだけでその魅力は霞んでしまいます。

自信をつけることで魅力を十分に発揮しましょう。

婚活で失敗するアプローチはしてない?

引用:Twitter

婚活をしようと相手を探しているのですから、一日も早く相手を決めたいものかもしれませんが、男性へのアプローチはガツガツしてはいけません。

婚活アプリを抜け出して個人的に連絡を取り始めるのも、実際に会うにも「タイミングを見極める」ことが重要。

焦った行動は失敗を招く原因となってしまいます。

いきなり誘わない

引用:Twitter

メッセージの交換だけでは相手のことがよくわかりませんし、早く相手を見つけたいと思っているなら一刻も早く会ってどんな人なのかを知りたいところ。

ですが、「はじめまして」の直後にお誘いをしてしまえば男性も警戒してしまいます。

また相手のこともよくわからないのに会ってしまう、気軽な出会いをしたいのかと思わせてしまう危険も。

自分から進んで会うことに積極的にならずに『お誘いは男性からしてもらう』意識を持って「会ってもいいと思っている」気持ちを伝えてみましょう

また、会う話が決まったら、その時に連絡先を交換するのがスムーズな方法です。

どうしても進展しない時には誘ってみる

人によって度合いは違いますが、お互いに結婚を意識した関係で頻繁にやりとりをしている期間がひと月以上続くようなら会う話を提案してみましょう。

男性が極度の奥手であったり、女性になれていない場合には自分からお誘いをすることも考えなければいけません。

会う話を提案しても、男性が行動してくれない場合には脈なしと判断してもいいタイミングです。

必ずひとりの相手にしかアプローチをしてはいけないという決まりはないので他の男性にも声をかけてみましょう。

返事がしにくいメッセージを送らない

引用:Twitter

相手を見つけることに集中し過ぎてしまうと、気が付かないうちに相手に不快な気持ちを与えてしまっている場合があります。

自分のことに夢中になりすぎて、返信しにくいメッセージだと思われてしまわないように気をつけましょう。

長すぎるメッセージ

単純に読むのに時間がかかるので、相手から受け取ったメッセージと同じくらいの文字数の返信を最初は意識してみましょう。

また、出会ってすぐに長文のメッセージが届くと男性には重いと感じさせてしまい気持ちが引いてしまう場合があります。

ひとつの文章に話題を盛り込み過ぎず、ひとつのメッセージにひとつの話題、相手への質問もひとつ程度にしましょう。

質問攻め 

相手がどんな人物なのかはもっとも気になる部分ですが、質問ばかりしてしまうと男性は面接を受けているような気持ちになってしまいます。

また職場や年収など、無視するわけにはいかない部分かもしれませんがステータスだけにしか興味がないと思われてしまうので積極的に聞き出そうとしないこと。

質問をされたら、きちんと答え「〇〇さんはどうですか?」など同じ質問を返す。

質問をしたいことがある時には「私は□□ですが、〇〇さんはどうですか?」と、先に自分が答えてから質問をするように意識してみましょう。

聞かれたことにしか答えない

質問されたことに答えずに無視をしてしまうのは問題ですが、聞かれたことに答えるだけのメッセージでは、相手が自分には興味を持ってもらえていないと感じてしまいます。

毎回男性から話を振らなければならない状況になってしまうと会話に疲れ、返事がもらえなくなってしまうキッカケになるので注意。

質問には答えるだけではなく、会話を広げていく意識も持つこと。

最初はお互いに質問が多くなってしまいがちですが、共通点になるもの、興味が持てることを見つけ問答からふつうの会話になるようにしていきましょう。

不幸な話や自慢話

これから結婚を見据えた関係が始まるかどうかという場面でネガティブな気持ちになってしまうとポジティブな行動が生まれなくなってしまいます。

また、そんなに気が知れていない関係での自慢話もマウンティングされているように感じてしまうため、相手にいい印象を与えません。

ネガティブな人よりポジティブな人と話をしている方が楽しいと感じやすいもの。

不幸話や自慢話など、一緒に楽しめない話題ではなく、「もっと話をしたい」と思ってもらえるような親睦を深められる会話の内容を意識しましょう。

相手が自分の話をしていても聞かない

気になる相手には、一刻も早く自分を知って受け入れてもらいたいと思うものですが、男性が自分の話を始めた時には話を遮るようなことをせずにしっかりと聞いてあげる。

まずは自分を知って欲しいと思うことは男性にとっても同じことなので聞き役に回りましょう。

相手の話に否定的な返事をしないようにすること。

「でも」「だって」と否定してしまうと、会話が途切れてしまうキッカケになってしまい、話が合わない気が合わないと思わせてしまう原因になります。

婚活に疲れを感じてしまったら?

引用:Twitter

婚活とは真剣であるが故に、うまく行かなければ大きなダメージを受けてしまう場合も。

何人にもアプローチをして断られ続けてしまっていると、誰でもネガティブな気持ちになってしまいます。

婚活方法を見直す

引用:Twitter

外見を整え上手にメッセージ交換をするだけではなく、メンタル面も前向きで魅力的であることが婚活を成功させるためには重要です。

「どうせ私のことなんて誰も相手にしてくれない」

「年齢的にもう無理なんじゃないか」

「このままずっとつらく淋しい独身のままかもしれない」

など、婚活に前向きな気持ちがなくなってしまうと、婚活をしていても男性からは敬遠されてしまいます。

ネガティブの原因になる問題点を改善する

生涯のパートナー探しは真剣に取り組むものですが、自分を追い詰めすぎないように気をつけること。

上手くいかない時には、まず問題になっている部分を探してみましょう。

婚活がうまく行かない時にチェックしたいポイント
  • コミュニケーションの取り方に問題はないか?

【例】男性の仕事や年収などをいきなり聞いてしまう、相手をステータスで判断している。

  • 結婚観が特殊で合う相手がなかなか見つからないのでは?

【例】結婚をしたら絶対に専業主婦を希望する、男性の実家とは関わりたくないと考えている。

  • 今の自分に見合っていない相手ばかり求めていないか?

【例】一回り以上年下の若い男性、求めている女性がはっきりしていて自分が対象になっていない男性。

など、婚活が上手くいかなくなってしまうには原因があるもの。

単純に自分に魅力がないからと決めつけてしまうのではなく、うまく行かない原因を探し修正すること。

ムリをして婚活がつらくなってしまう前に、婚活の方法を見直してみましょう。

まとめ

婚活アプリを使って出会い結婚することになった女性

婚活とはスムーズに進みあっという間に終わらせてしまう人がいれば、長い時間かかってしまう人もいます。

婚活を長引かせない、婚活アプリで失敗をしないようぜひ参考にしてください。

婚活アプリを利用した婚活は、好きなタイミングで気軽に利用できてしまうため、なんとなくで利用しているといつまでも婚活が終わらなくなってしまう場合も。

活動を急かしてくれる人も、アドバイスをくれる人もいないので、しっかりとお相手を見つけ出すという意識を忘れずに利用してくださいね!

安全な婚活に適したマッチングアプリの見分け方

  • 運営する会社が上場企業である
  • サポート体制が整っている
  • 利用するのに本人確認がある
  • 「インターネット異性紹介事業届出済み」表記がある
  • 出会い系ではなく婚活に特化した特徴や利用しやすいサービスがある
最近おすすめのマッチングサイト

新しい出会いは人生を楽しくする。出会いマッチングサイトPCMAXPCMAXにお試し登録をしてみる