「Tinder(ティンダー)」まとめ|口コミ・体験談で総合評価

Tinder(ティンダー)のアプリアイコン
Tinder(ティンダー)
3.8
★★★★★
安全性
3.5
コスパ
5.0
口コミ評価
3.0
出会い遭遇率
3.5
アメリカ発祥の位置情報サービス系アプリで世界的に認知度も高く、全国での会員数は6,000万人と言われています。日本での会員数は300万人と国内マッチングアプリのなかではトップクラス。遊び目的としているユーザーが目立ち、LGBTと言った人たちに対応しているのが特徴のマッチングアプリです。

LGBTの”G”「ゲイ」の同性愛事情。出会いはどこで見つけてる?

ホモ・ゲイ
LGBTの象徴でもあるレインボーカラーの洋服を身にまとったゲイ男性の画像です。

LGBTとはL(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシャル)T(トランスジェンダー)の頭文字をとったセクシャルマイノリティの呼称です。この記事では、LGBTのGである「ゲイ」がどのような場で出会いに巡り合っているのか、ゲイの同性愛事情について深掘り調査しました!

LGBTの”L”「レズビアン」の特徴と恋活&出会いの場を深掘り調査!

レズビアン
LGBTのLであるレズビアンカップルが仲良さそうに手をつないで歩いている画像です。

LGBTとはL(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシャル)T(トランスジェンダー)の頭文字をとったセクシャルマイノリティの呼称です。この記事では、LGBTのLである「レズビアン」と自認しつつも同性愛経験が少ない女性が新たな扉を開けられるよう、レズビアンの恋活&出会いの場について深掘り調査しました!

LGBTの”B”「バイセクシャル」がパートナーを見つけやすい出会いの場

バイセクシャル
LGBTの象徴となるレインボーカラーをモチーフにした画像

ここ数年でLGBTというワードをよく見掛けるようになりましたが、LGBTとはL(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシャル)T(トランスジェンダー)の頭文字をとった呼称です。そこでこの記事では「バイセクシャル」をピックアップし「バイセクシャル」がパートナーを見つけやすい場について調査をおこないました。

LGBTの”T”「トランスジェンダー」がパートナーを見つけやすい出会いの場

トランスジェンダー
ライトブルー&ピンク&ホワイトを用いたトランスジェンダーフラッグの画像

ここ数年でLGBTというワードをよく見掛けるようになりましたが、LGBTとはL(レズビアン)G(ゲイ)B(バイセクシャル)T(トランスジェンダー)の頭文字をとった呼称です。そこで今回はトランスジェンダーをピックアップし、トランスジェンダーがパートナーを見つけやすい場について調査をおこないました。

Tinderは出会えるマッチングアプリ?口コミ評価・使い方・料金を公開

口コミ評価ランキング
tinder公式サイトのTOP画面

Tinderはおそよ196か国で5,000万人が利用していると言われている、世界最大級のマッチングサービスです。日本でも多くの方が利用し「Tinderは会える」といった口コミを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。会える評価の高いTinderは利用するべきアプリか実際に登録検証してみました!

ページの先頭へ